忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[494] [493] [492] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485] [484]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『ミルク』の元になったドキュメンタリー映画です。
なので、基本的には『ミルク』と変わらないんです。
当時を知る人たちのインタビューや、ダン・ホワイトについて客観的な意見が述べられていたので、その辺りが興味深かったです。
ダン・ホワイトは「自慢の息子」タイプ、というリポーターの言葉がありました。
元々は警察官だったという話なので、正義感の強い人だったのかもしれません。
中流の白人の家庭で育って、そういう立場で培われた彼なりの理想の社会とか、正義とかがあったのでしょう。
まぁ、とんとん拍子で来て突然の挫折だったんですかね~?
「理想の社会」といっても、人それぞれだし、曖昧ですよね。
そういう曖昧なものを目標に掲げたところで、実現の方法はイマイチ分からない。
ミルクのような『コレ』という主張、実現したいことが無いから、周りもついてこない。
ということで孤独感を深めて、自分で勝手に辞めるたら何たら言っちゃったようです。
それじゃあね~;;

当時の関係者達がミルクのこと、特に彼の死について語る時、誰の目にも光るものがあって(ドキュメンタリー完成は84年なので、亡くなって日が浅いこともあるでしょうが)、彼がどれ程愛されていたかをひしひしと感じました。
彼みたいな人がいたことは、幸せなことだと思います。
あんなに早くに亡くならなければ、もっと色々なことを実現させたかもしれないと思うのと同時に、亡くなったからこその役割があると思うのでした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]