忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661] [660] [659] [658]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かつて一世を風靡したカントリー歌手、バッド・ブレイク。
しかし、今はドサ周りの日々。
片や、かつては弟子であり、バックバンドの一員だったトミー・スウィートは今や大スターになっていた。
バッドは結婚と離婚を何度も繰り返し、アルコールに溺れている。
しかし、そんな彼の生活が地方紙の音楽担当記者ジーンの登場により変化する。
二人はインタビューで意気投合し、やがて愛し合うようになる。
シングルマザーのジーンの息子もパッドによくなついていた。
バッドも嫌がっていたトミーの前座の仕事を受け、事態は少しずつ好転していくかに見えたのだが……

落ちぶれきったかつてのスターが、新たな愛を見つけたことをきっかけに、人生をやり直す。
ありがちですね~
テーマとしては何も目新しいことはないのですが、それでも飽きさせずに見せるのがこの映画の力でしょう。
主役のパッドを演じたジェフ・ブリッジズのくたびれ具合。
いつもベルトを締めてない出っ腹の中年オヤジなんだけど、どこか憎めない可愛らしさも持ち合わせている。
そして、ここからちょっと趣味に走ります(笑)
使ってたのはグレッチのギターだよね。
あの色はテネシー・ローズかな?
チェット・アトキンスモデルかなと思ったんだけど、カントリー・クラシックかも。
いや、でも、あの色はあったかな~?
そして、彼女のボディはピカピカに磨かれている。
バッドが磨いてるシーンがチラッと出てくるけどね。
こうでなくっちゃいかんのよギタリストは!
可愛がっている子は自分でちゃんと磨かないと!
黒のレスポールを手垢でべたべたにしてるようなヤツはギタリストの風上にも置けませんての!!
ま、とにかくですね。
こういう、ギターの扱いを見ても彼がくたびれまくりながらも、れっきとしたミュージシャンであるということが窺えるのです。
まぁ、新曲も書けないくらいくたびれまくってるんだけどね。
曲を書くっていうのは、いい加減に作るなら別だろうけど、ちゃんと作るつもりなら自分と向き合う作業だと思うので、それが嫌だったのかもしれない。
そんなくたびれまくったオヤジと恋に落ちちゃうジーン。
子供を抱えて一人で頑張ってきて、頑張ってるけど、やっぱりどこか疲れちゃってたところにバッドと出会ったかのもしれない。
息子はいるけど、一人ぼっちみたいなもんの彼女は、やっぱり一人ぼっちのオヤジに共感したのかもしれない。
よく分かんないけど分かるような気もする二人。
どうなのかな~と思ったけど、嫌みでなく本当にパッドを尊敬している風のトミーを演じるコリン・ファレルも思いがけずよかった。
上手く動き始めたかに見えた歯車は、でも、やっぱりどこかで軋んでしまう。
慣れてくると、油断が出る。
それがうまく働くこともあれば、悪い方に転がることもある。
ピッタリだと思った歯車も、歯が欠けてしまうこともある。
そうしたらまた、そこにはめ込む新しい歯車を探して生きていかなきゃいけないんだろう。
遅過ぎることはない。
っていうお話なんだけどさ、本当にそうなのかな?……とも、思わないでもない。
でも、まぁ、自分が本当にやる気になれれば、遅くないのかもね、何も。

余談ですが
私は、ほぼ同じ状況で迷子になったことがあります。
オカンはいなくて、オッサンと私だけだったけど。
同じ年頃。
新世界で。
学生の頃、人に話したら「よう生きとったなぁ」と言われました(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
良い良い
これも意外に良かったですよね。このキャストだと、コケたら超コケまくりだったかもしんないけど、上手く合ってたね!特にコリン・ファレルは意外にもハマり役だった。マギーも、普段はウザいけどこの役は良かった。
chuchu 2010/07/08(Thu)22:56:26 編集
そうですね
こリン・ファレルは意外だったけど、ハマってましたよね。
おとぎ話みたいなハッピーエンドにもならず、でも、ほのかな希望を感じさせるラストシーンは◎
マギーは、友達が乳がエラいことになってる!!と言ってたのでそれが気になって気になって(笑)
【2010/07/15 17:02】
マギーの乳
え、それって垂れてるってこと?この人前からそうじゃん!背の高い女の人に良くある、猫背で、肩が上がってて、姿勢悪いよね、この人。
chuchu 2010/07/21(Wed)00:08:47 編集
Re:マギーの乳
垂れてるのはもちろんのこと(コラコラ)
左右が超アンバランスってことだったと思うんですけど。

私も猫背だな~子供のころから背が高かったり乳がデカかったりしたせいかな~(あ、子供の割にはですよ)
何か不必要に委縮しちゃうんですよ。
【2010/07/22 17:14】
無題
アタシも!なんか、乳がデカいのが恥ずかしいことのように感じて、胸を張って歩けなかった。
2010/07/24(Sat)19:48:40 編集
Re:無題
そうですよね~
世の中って変わるんですね~
【2010/08/02 16:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]