忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[667] [666] [665] [664] [663] [662] [661] [660] [659] [658] [657]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えへへ、久々のジャッキー(^^)
でも、アメリカ映画なんだけどね。
見るからにイケてない、堅物風のペンのセールスマンのボブ。
しかし、実は、それは表向きの顔に過ぎなかった。
彼の正体は中国から出向しているCIAの敏腕エージェント。
いつものように緊急呼び出しを受けた彼は、製油所を襲ったテロリストを捕まえた。
しかし、彼はこれを最後の仕事にするつもりだった。
隣家のシングルマザー、ジリアンとの結婚を考えていたのだ。
しかし、そこには障害が……
ジリアンの3人の子供たちは、ダサいボブとの結婚に反対していたのだ。

そんなある日、ジリアンの父親が入院し、彼女が急に実家に帰らねばならなくなった。
ボブは子供たちと親密になるチャンスと、張りきって留守番を引き受ける。
が、子供たちは、もちろん不満。
母親の再婚をぶち壊すため、彼の弱みを探ろうと所持品をスパイする。
その時、長男のイアンがボブのパソコンからダウンロードしたものが、彼らの運命を大きく変えることになる。

CIAのパートナー、コルトンからボブの元にポルダークが脱獄したとの知らせが届く。
ポルダークは、ロシア当局の極秘情報にアクセスし、世界経済を混乱に陥れる計画を実行に移そうとしていた。
しかし、その情報は既に何者かにアクセスされた後だった。
調査の結果、ダウンロード先が割り出された。
計画の邪魔者を消そうと、ポルダークは手下に皆殺しを命じる。

一方、ボブはスパイ・グッズを駆使して子供たちの面倒を見ながら、少しずつ彼らと心を通わせてゆく。
そこに迫るポルダークの魔の手。
危険を察知したボブは子供たちを安全な場所に避難させるが、そこにも敵の刺客は迫っていた。
CIA内に裏切り者がおり、ポルダークに通じているらしい。
巨大な陰謀に巻き込まれた、愛する者たちを、そして世界を救うため、ボブの究極のミッションが今、始まる!

原題は『THE SPY NEXT DOOR』
文字通り、隣のスパイ。
とはいえ、まさか本当に隣に住んでる訳ですか……
ジャッキーのハリウッド進出30周年記念作品。
凄腕エージェントボブの活躍ぶりを紹介する映像は過去の映画の名シーンの数々。
という訳で、今回はスパイのジャッキー、それ故に色んな秘密道具(それじゃドラえもん?)を持っている。
ので、いつものようにその辺にあるもので、敵をバンバンやっつける!というのとは違うのですが、今回も身体を張ったアクションシーンを見せてくれます。
この映画はいつにも増してファミリー向けというか、子供が主役な面があって、色んなところがユルいといえばユルいのですが、それもまたいいんじゃないでしょうか?
大げさなロシア訛りの悪役とか、まぁ何ていうか漫画チックなんですが、それもいいかな、と。
先に書いたように、今回はスパイグッズを数多く使うジャッキーですが、終盤、彼らの居所を突き止めたテロリストたちとの対決の場は一戸建て住宅。
オマケに子供たちのいたずらで彼が隠しておいたスパイグッズは見つからず……
というわけで、いつものジャッキーのアクションです。
もう、本当にやっぱりこういうの上手いなぁ……
どこから来るのかこの独創性は。
でも、例えば冷蔵庫とか、どこかで見た懐かしいアクションもあり。
ジャッキーのファンには更に楽しめる要素が盛り込まれているのも嬉しいところ。

最後はちょっとほろりとさせられるハッピーエンド。
大人も子供も楽しめて、見終わった後、いい気分で我が家に帰れる作品だと思います。

ところで、『ペン』といえば、思い出すのはナポレオン・ソロ。
秘密基地(?)の入り口とか、デル・フロリアぽくないですか?
過去のスパイ映画(もちろん007も)へのオマージュもちょっと盛り込んでるらしいところが、また心憎い(^_^)

あ、エンディングには、もちろんジャッキー映画ではお馴染みのNG集もあり。
短い映画だけど、最後まで楽しませてくれます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
そんな経つの?!
>ジャッキーのハリウッド進出30周年記念作品。

うげぇ~そりゃ~トシも取るはずだ・・・。
chuchu 2010/06/24(Thu)21:35:37 編集
そんな経つらしいですよ。
>うげぇ~そりゃ~トシも取るはずだ・・・。

ジャッキーも私らも、ね(^_^;)
【2010/06/25 17:01】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]