忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[787] [786] [785] [784] [783] [782] [781] [780] [779] [778] [777]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカ人神学生マイケルは、自分の信仰心に疑いを抱き、卒業を間近に控えながら、神父となることを辞退しようとしていた。
しかし、恩師の勧めでバチカンのエクソシスト養成講座を受ることになる。
そして、異端だが一流のエクソシストと言われるルーカス神父の悪魔ばらいを手伝うことに。
ある少女の儀式に立ち会うものの、悪魔の存在を疑うマイケルだったが、やがて彼の思いを打ち砕くような出来事の数々に遭遇していく。

スッゴイ寝不足のまま行ったので、正直所々意識が飛んだりしてるんですけど(笑)
話は分かっている筈(^_^;)
家業の葬儀屋に嫌気がさしたのか、“逃避のため”神学校に入学するマイケル。
友達に、家が嫌だからって神学校だなんてどうかしてると言われて、「うちは代々葬儀屋か神父だ」って、それじゃ逃げきれてないんでは?
神学校に入学し、あっという間に月日は過ぎて、卒業も間近。
成績はいい方なのだが、肝心の神学はイマイチ。
元々そうするつもりだったんじゃないかと思うのだが、神父になるのを辞退する届けを提出する(メールでいいのね;;)。
しかし、彼を見込んだ恩師は考え直すように説得する。
ある夜、マイケルを見かけた恩師が呼びとめようとしたところ、転んだことが引き金となり交通事故で女性が命を落とす。
彼女は居合わせたマイケルに最期の祈りを懇願する。
信仰心のない自分が祈ってもいいのか、躊躇するマイケルだが、結局女性の願いを聞き届け祈りの言葉を唱える。
これが、転機であり、彼が呼ばれたってことなのかもしれないと思わせる。
すべての出来ごとは偶然と思っても、必然と思っても、結局は表裏一体で違いがないのかもしれない。
このことで、さらにマイケルを見込んだ恩師は、彼にバチカンでの“エクソシスト”養成講座を受けるように勧める。
というのは、何だか突然のようですが、エクソシストには信仰心以外にさらに必要なものがあると聞くので(それが何かはよく分からんけど、スゴい事態に立ち向かう必要があるからだろう)、彼にその必要な要素を見たのだろう。
奨学金の返還もちらつかされ、バチカンに向かうも、初日から遅刻で、やる気もないし、疑う心の方が大きい。
ルーカス神父の元で、悪魔ばらいを体験し、少女がいきなり英語を話したり、以前に自分が処置した女性のブレスレットを持っていたり、口から釘を吐き出しても、精神疾患だと言って譲らない。
釘は飲むのはともかく、上手に吐き出すのは至難の業よ;;
認めないのは、恐怖の裏返しなのかも。
ま、こうしてず~っと悪魔ばらいにも悪魔にもルーカス神父にも疑惑の目を持ち続けた彼が、ルーカス神父に悪魔がとり付いたことで“悪魔”と対峙することになる。
本当に悪魔がいる、のなら、神もいるってことなのか?
私には分からないけど、マイケルは何かを確信したのだろう。
今も、神父を続けている。
一応、実話をもとにした形の作品で、ドキュメンタリーぽくしたかったからなのか、悪魔に憑かれた少女とかも、人間の体が頑張って出来る範囲のことしかしていないので、ホラーと思ってみるとちょっと違うかも。
キリスト教徒達の言う“悪魔”が、本当にいるのかは分からないけど。
嫌な感じのものが存在していると感じることはあるよね。
その人がいなくなっても、悪意とか、無念さとか、悲しみとか昇華されずに残っていくものが積み重なっていくんじゃないだろうか?
『戦い』に備えなければいけないのかどうか分からないけど。

神々と男たちに続いて、信仰について考える映画かもしれない。
ま、神々~は男たちは神については揺るぎない信仰を持っていた気がするんだけど。
心が揺れてしまうという点では同じかな?
アンソニー・ホプキンスはまたも怪演です。
興味のある人なら、見てもいいんじゃないですかね。
あ、そうそう。
マイケルのお父ちゃんがルトガー・ハウアーだったんやね!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]