忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[791] [790] [789] [788] [787] [786] [785] [784] [783] [782] [781]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女は張り詰めた表情で、競馬場を歩き回る。
誰かを探しているようだ。
諦めかけたその時、目当ての人物を見かける。
一年前に別れた男 ビョンウンだ。
彼女、ヒスは、彼に貸したままになっている350万ウォンを返してもらうためにやってきたのだった。

ビョンウンはヒスに再会しても、うろたえる様子は全くない。
返済を迫られて、返すと返事をするものの、すぐに返せるお金などありはしない。
ビョンウンは2、3日で振り込むと約束 するが、ヒスには全く信用が出来ない。
どうしても、今日中に帰してくれと言い張る。
そうして、ヒスは、借金を返済するためのビョンウンの新たな借金行脚の一日に付き添う羽目になる。
そして、それは、ヒスが知らないビョンウンの女たちに出会う旅でもあった…

韓国映画を好んでみることはあまりありませんが、この映画でビョンウンを演じるハ・ジョンウはとても好き、というかお気に入り、というか、彼が出ているなら期待出来るというか……
見る度に、まるで違う人みたいなんですよね。
と言っても、肉体改造したりする訳ではありません。
そりゃ、多少はあるでしょうけど。
大きく外見が変わった訳ではないのに、纏っている雰囲気が全く違うというか。
『チェイサー』を見た後、『国家代表』の試写会に誘ってもらった時、ボブ役の人って見たことあると思うんたけど、誰だったろう?という状態だったのです。
後で、チラシをしっかり見て「あ、ぁあ~」と。

今回は無職の甲斐性ナシなのに、前向きというかお気楽というか、呆れちゃう程のん気というか……
それでいて憎めない男。
ま、この『憎めない』というのは、彼の演じる男の共通点かもしれないですね。
さて
350万ウォンてどれ位なのか始めよく分からなかったんですが、ヒスがコンビニで買ったアイスが1000ウォンということは、レート的なことはともかく大体のウォンの値打ちとしては日本円の1/10位と考えていいようです。
ということは、借金は35万円。
私にとっては、かなりの大金ではありますが、一般的には大金と言うともう少し上の金額なのではないでしょうか?
大体、一年も経ってから何故?
と、借金行脚の途中で訪ねた先の女性に尋ねられたりもしますが、ヒスにはヒスの事情があったのです。
こちらは、おいおい明らかになっていきます。
借金行脚の手初めは、女社長。
ゴルフ談議なんかをした後、ビョンウンは一体どんな説明をしたのか、彼女は「若いお嬢さんが困っているなんて気の毒だわ」と100万ウォンを差し出します。
ヒスに礼を言うように言うビョンウン。
ヒスにしてみれば、自分はビョンウンに貸したお金を返してもらうだけなのに、何故見ず知らずの人にお礼を言わされるのか納得いきません(そりゃ、そうだ)。
それに、女社長とビョンウンの関係もちょっと気になる。
もちろん、観ているこちら側も気になります。
訊かれてビョンウンは「社長はやり手で男女の関係で金を貸してくれるような甘い人じゃない」と言い切ります。
甲斐性ナシの彼は意外にも信用があるようです。
その後も会う女性、会う女性、いやいやではなくどちらかというと喜んでビョンウンのためにお金を工面してくれます。
誰もが彼を好きなようです。
いい人だと口々に言うのです。
もしかして、ホントにいい人だったのかしら?
ヒスの気持ちにシンクロさせられるような構成が、ホントに上手い。
地下鉄の中で、ヒョードル(エメリコ・エンヤ・ヒョードルね)が夢に出てきて自分を励ましてくれたというビョンウンの話に何かが溢れだして、ヒスと一緒に私も泣いてました;;
思えば、いきなり金を返せと言われて「今さら何だ!?」とか言わないし、理由も聞かない。
そりゃ、借りたんだから返すのは当然だけど、普通はやっぱりこういう言葉が出てくると思うんだ。
でも、ビョンウンの口からは出ない。
我慢して飲み込んでいるという感じもしない。
本当にそういう男なんだろう。
ヒスはもちろんお金も必要だったんだろうけど、それよりもビョンウンに会うことが必要だったのではないか?
ラストで彼女が見せる顔がそれを物語っている。

ほぼ二人芝居、どちらもきちんとした力を持っていないと成立しない映画。
観終わった後、何だかいい気分になれる映画。
この気分も、きっとヒスとシンクロしている。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]