忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[812] [811] [810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジョーは、突然の事故で母親を亡くし、保安官代理の父と二人暮らしになった。
その4ヶ月後。
ジョーは仲間たちと以前から続けていた8ミリ映画の製作に夢中だった。
ある日の夜中、こっそり家を抜け出して仲間たちの所へ向かう。
8ミリ映画のロケ撮影のためだ。
そこへ偶然、列車がやって来ると、臨場感が出ると列車をバックに撮影を始めるが、突然車が突っ込み大事故が発生してしまう。
辺りは一面の炎に包まれ、轟音が鳴り響く。
少年達は必死で逃げ惑ううち、列車に衝突した車とそれに乗った男を見つける。
それは、学校の生物の先生、ドクターウッドワードだった。
驚くことに、先生はまだ生きていて、ジョー達に「今見た事を誰にも言ってはいけない。お前達も家族もただでは済まない。」と言って早く逃げろと銃でジョーたちを脅かす。
少年達は現場から、急いで撤収する。
ただし、撮影の小道具やその場に取り残されていた8ミリカメラを回収して。

すぐに事故現場に軍の回収部隊が到着すると、落ちていた8ミリフィルムの空箱を発見。
目撃者の捜索を開始する。
現場から逃げ帰った少年たちは、絶対誰にも言わないことを約束するが、周りで不可解な事件が起き始める。
突然の停電、町中の犬は行方不明になり、車のエンジンだけが盗まれ、行方不明者多数。
この小さな町で、一体何が起こっているのか?
事故現場からジョーが持ち帰った白い謎のキューブも急に動き出す。
8ミリカメラが偶然撮影した“何か”を見た少年達は、真実を探しに行くことを決意する。
そして、そこには未知との出会いが待っていた。

などと、あらすじだけ書くと結構煽られちゃうね~
う~ん、つまらなくはなかったんだけど……
もうちょっと、頑張れるやろ?と。
映画作りに夢中な少年(と少女も1名)達はとってもいい。
映画好きは映画愛の映画に弱いものだ。
ホント楽しそうで、仲間に入りたくなってしまう。
このプロットはいい。
テレビのニュースがスリーマイル島の原発事故のニュースについて報道しているので1979年が舞台だ。
『ゾンビ』公開の翌年でもあるらしい。
だから、ゾンビ映画撮ってんのね。
さて
謎の物体
秘密裏の輸送
隠蔽しようとする軍隊
お約束である。
何かさTVスポットでかな~?
『E.T.』+『スタンド・バイ・ミー』みたいなこと言ってたんだけど、それにはずい分と足りないと思う。
ま、E.T.はどうしても受けつけなくてちゃんと見たことないんだけど。
TV放送された時とか頑張って見ようと思うんだけど、我慢出来ないんだよ~
無理(ToT)
でも、まぁ、未知のものと心通わせて、少年達は成長するんだべ?
って、感じでしょ。
この、未知のものが……
どうしたかったのかな~?
E.T.みたいに好感度が(私はないけどさ)あるとは思えない感じだし。
心通わせるって、もうちょっと段階が必要だと思うんだよね。
ま、不思議な能力で一瞬で……はアリですが。
それだと、まぁ、見てる方の気持ちがついていかないんだな。
なので、第9地区のエビさんのように同情も出来ない。
持って帰って来ちゃったキューブについても、ただのプラスチックの塊ではないことくらい、軍の回収っぷりで分かるし、ブルブルする以外に能はないのか?
びゃん!と映像が出て「助けて、オビワン・ケノービ」とか言う美人な(って設定なんでしょ?)ねぇちゃんの映像も出てこない。
だいたい、置いてるだけで調べもしないの?
少年達はまぁ、自力で運ばれていた“それ”が何なのか、軍とどんな関係があるのか、知る訳です。
この見つけた物を一緒に見ればね、まぁ、ちょっと可哀想かな~と思うんだけど……

うぅ~ん
いなくなった犬のこととか
盗まれたエンジンとか(ま、これは最後に分かるっちゃ、分かるけど)
白いキューブとか
もっと、上手に使えると思うんだよ。

まぁ、未知のものの来襲という、危機を経て少年もおっさんも悲しみとかその他もろもろ乗り越えて成長したよ。
って話?

スピルバーグへのオマージュだかが、いっぱい過ぎてちょい食傷気味(-_-;)
基本的なことなんだけど、J.J.には不向きな題材だったんじゃないかと思う。

あ、エンドロールが流れても、座席は立っちゃダメ。
完成したゾンビ映画が見れるよ。
これはね、ホントいい出来です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]