忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[830] [829] [828] [827] [826] [825] [824] [823] [822] [821] [820]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

自動車事故で母を失い、心に深い傷を負った少年TJと、妻の死から立ち直れないその父親ポール。
そして、スーパーのレジ係として働く女性ニコールはツキに見放された人生にウンザリしていた。
そんな彼らの前に突然、長髪で半裸の謎の男ヘッシャーが現れる。
TJの祖母の家に勝手に住みつき、大音響でヘヴィメタルを流し、下品で乱暴な言動で様々なトラブルを起こす。
彼のバイタリティが、暗く沈んでいた彼らを勇気づける。
そして、もう一度前を向き、新たな人生を歩み始める……。

TJは母親を亡くしたことで、世の中の何もかもが気に入らなくなっているような……
自分だけが世界中の辛い思いを背負い込んだような気分になっている。
まぁ、仕方ない。
事故の様子は終盤にやっと出てくるが、まさに幸せから不幸のどん底にまっしぐらな気分なんだろう。
父親も、同じで、精神安定剤か何かに頼りっぱなしなのか、一日中ソファーで眠ってばかりいる。
ある日、自転車をぶっ飛ばして工事中の住宅地を通り抜けようとしたTJ。
何かにひっかかってすってんころりの見事な一回転。
腹立ち紛れに石(だっけ?)を投げつけ建てかけの家の窓ガラスを割ってしまう。
と、そこから長髪のキッタナイ男が!!
どうやら彼はそこに住みついてたらしいんだけど、窓が割れたことで警備会社が来ちゃったんだな。
で、いきなりダイナマイトか何かを投げつけて逃げ去る!
TJが必死に家までたどり着くと、その男がやって来た!!
いきなり洗濯機を勝手に使い始める。
突然の「スカルファックは?」という質問も、胸のとこにある“そんなもん彫ってどうすんだ!?”的な下手くそな図柄のタトゥーも危険人物の香りをプンプンさせてます。
脅されて友達と紹介することになったTJも、父親ももちろん歓迎ムードではありませんが、おばあちゃんは久しぶりの来客なのか楽しそう。
そして、言い方や喩え話はぶっ飛んでいるのですが、ヘッシャーさんはおばあちゃんには優しい。
TJを散歩に誘うも断られたのを見ると、「1時間早く起きて、ばあ様に付き合え!」と、至極まともなことを言うのです。
そうして、だんだん家族の一員と化していってしまう。
過激ながらも賑やかな日々に、再びの悲しい別れがやって来ます。
おばあちゃんの葬式でのヘッシャーさんの言葉も、TJや父親の行動にも、確かに遅過ぎたけど何とか約束を果たそうとするその姿と、そんでいいじゃないかという感じのヘッシャーさんにちょっとホロリ。
そして、来た時と同じように唐突にヘッシャーさんは消えてしまいます。
おみやげと自分の証しを残して。

あ、ナタポは……個人的にはこういう感じの方がいいですね~
何でもきちんとこなす優等生らしく、地味なレジ係もバッチリです。
脇をこなせる人って技術がいると思うのですよ。
悪目立ちし過ぎず、確かに存在していないとダメだし。
今までで一番いいナタポかも。

何だかワケ分からん記事になってしまいましたが、意外と拾いものと思える映画。
見た後、ほんわりと胸の辺りがあったかい。
思いもかけないお話でした。

余談ですが、突然の訪問者がその家に居座って家族を変えてしまう……
というと、『テオレマ』を思い出します。
まぁ、家族に起こる変化はまるで違いますけど……
でも、出来れば訪問者は美しい方がいいなぁ……
後が大変そうだけど(^_^;)
この時のテレンス・スタンプは本当に美しかった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
映画「メタルヘッド」傷跡をグリグリつつかれるような痛い哀しみ
「メタルヘッド」★★★★ ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ナタリー・ポートマン、 レイン・ウィルソン、デヴィン・ブロシュー、 パイパー・ローリー出演 スペンサー・サッサー監督 106分、2011年6月25日より全国公開, 2010,アメリカ,フェイス・トゥ・フェイス、ポニーキャニオン (原作:原題:HESHER) →  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「家の前には助手席が大きくへこんだ赤い車、 飲んだくれの父親と 虐められっ子の主人公は その祖母の家で暮らしている...
URL 2011/08/20(Sat)11:23:12
忍者ブログ [PR]