忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291] [290] [289] [288]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観て来ました。

中国、五代十国の後の時代。
王と王妃の間は(政略結婚のためか)既に冷え切り、王妃は継子の皇太子と不義の関係にあった。
しかし、皇太子には、付き合っている娘がおり、王妃は嫉妬に苦しんでいる。
また、王は王妃の持病のために自ら薬湯を調合していたが、十日前から処方を変えた。
実は、密かにトリカブトを混ぜていたのだ。
体調の異変に気づいた王妃は密偵を使い、毎刻飲まされる“薬”の中身を突き止める。
密偵を務めた侍医の妻もまた、悲しい過去があり、王に恨みを抱いていたのだった。
折りしも重陽節。
長らく辺境の地に赴いていた次男も帰還し、王家全員が久々に揃った。
一心に菊の花を刺繍する王妃、その意味とは……

実は、「観に行くんですよ。」と言ったら、「あぁ、まさか○○だとはね~」と、ちょっとネタをばらされちゃいました(~_~;)
とにかく、画面が眩しい!!
王や王妃、王子達の衣装、甲冑、敷き詰められた黄色い菊。
そして、敷き詰められたじゅうたんや柱の赤。
この映画は金と赤の映画。
この色が象徴するのは衣装や舞台装置だけではないのだけど。
見終わった後、ふと思ったのが『超豪華な2時間サスペンスドラマ』
連続物を見るのが苦手で殺人事件が好きな私はよく見るのですが(笑)
時々あるじゃないですか!
名門の華道の家元の跡目争いで、兄弟やら後妻やらの思惑が絡まりあって……みたいなの。
もう、まさにこれ!
原作は山村美紗先生かしらん?と思ってしまうよ(爆)
華道の家元をグッと国家規模に広げるとこうなるのかなぁ?
でも、だいたいのことは王宮で起こっているんだね。
偉い人も狭い世界の中で生きているのだ。

リウ・イェは、相変わらず声が低いです。聞き取りにくい。いや、そうでなくても聞き取れないけど;;
ジェイ・チョウって、今まで観たことなかったんですね。
ちょっと気になってはいたんだけど、(ダントツで置いてあるCDの量が違うもん)ルックスはまるで好みじゃないし(ファンの方ごめんなさい、好みの問題なので;;)、出演した映画も観たいようなものではなかったので何も観ていないし。
お歌も、HMVのサイトとかではあまり試聴出来ないのよね、アジアンて。店舗でもモチロンないし。
そんな訳で、気になりつつも遠い人だったのです。
映画の最初、ちょっとズルッてなった。「え、そんな声なの?」って感じ。
ちょっとイメージと違和感があったんですね。だんだん大丈夫になったけど。
よかったですよ。父には逆らいたくないけど、母を辛い目に合わせたくない(毒を飲まされてることを打ち明けられたの)と揺れる感じが。
見た目はやっぱり好みじゃないですけど(^_^;)

エンディングの曲は、彼が歌ってるんですよね?
あぁ、いいかも。
とりあえずアルバム1枚聴いてみようかな~

あ、何かだんだん映画の感想から離れちゃいましたね。(え、いつも?)
とにかく、2時間サスペンス好きにはオススメです!!(でも、眩しいから気をつけてね。) 

菊花台
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]