忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[587] [586] [585] [584] [583] [582] [581] [580] [579] [578] [577]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

試写会に行ってきました。
も~映画館で予告を見た時から見る気満々だったので、久々に当たった試写会がコレって、嬉しかったのですが、なかなか一緒に行く人が見つかりませんでした;;
みんな、怖いから…っていうんですよ。

この映画の監督であるオトゥランデ・オスンサミは別作品の撮影で訪れたカロライナ州で、映画関係者からある女性心理学者の話を聞いた。
彼女は睡眠障害の研究で、驚異的な内容のデータを集めたという。
ツテをたどり、監督はついに博士を見つけ出した。
彼女は重い口を開き、大量の記録映像のこと、そして彼女の周りで起こったことを話し始めた……。

2000年、アラスカ州ノーム。
何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士。
彼女は夫の遺志を継ぐべくこの町に多くいる原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当たる。
カウンセリングを続けるうちに、複数の患者が「フクロウを見た」と言う。
そのことに不審を感じた彼女は、ある患者を催眠療法を使って不眠の原因を探ろうと決心した。
しかし、催眠療法を施した一人目の患者が謎の言葉を残して妻子を道連れに自殺してしまいう。
彼女は警察に催眠中に何か暗示をかけたのではないかと疑われてしまう。
患者の残した謎の言葉の意味は?
フクロウとは何のことなのか?
さらに、自ら催眠療法を望んだ患者に信じられないことが起こる!

ノームでは、これまで多数の住民が行方不明になっており、60年代以降のFBIによる捜査訪問の数は2000回を超えるという。
この町で一体何が起こっているのか!?

信じるか否かはあなた次第。

まぁね、人によってはそんなことあるわけないじゃないか!バカバカしい<`ヘ´>
という方も多くおられると思いますが……
実際に催眠療法中の患者を記録したといわれる映像や、音源を使っているということなので、もし、本当に、何にも細工してない映像だとしたら、スゴイですよ~!
そして、何より、本物の方のタイラー博士。
彼女が監督のインタビューに答えている映像が、度々挟み込まれるのですが、この博士がもう、何て言うか……
生きているとは思えないような顔色なのよ;;
最近WWEに出てきたケルトの戦士(らしい)シェイマスもビックリの白さ!
というより、彼はホント何か色素が欠けているのかもしれないんですけど、ただ白いという感じなんですが、博士は違うのですよ。
何つうか、失礼な話だけどちょっとゾンビっぽい感じすらするんですよ。
そして、最後にスーッとカメラが引いて、ずっとバストアップしか映っていなかった博士の全身が映った時は、何か衝撃ですね。

ま、書いちゃうと、ここの住民達はアブダクションにあってるんじゃないかということなんです。

見終わってから、子供の頃に見たUFOを思い出しました。
私は8歳か9歳くらい。
夕方、飼っていた犬と散歩の途中でした。
近所の医院まで来たところで、ふと足が止まり、何故か左上方の空に目をやりました。
すると、そこにオレンジ色をした楕円形のものが浮かんでいました。
大きさは碁石の2倍くらいで、ずい分と高い所にいるようでした。
すると、クルクルとらせん状に旋回しながら、物凄い速さで上昇して、パッと消えてしまいました。
夕暮れ時だったから夕陽を反射して何かがオレンジ色に光っていたのではないか、と言われるかもしれませんが、私にはそのもの自体が光を発しているように見えました。
その物体が消えてしまった後、私はハッと目覚めたような気分で、隣にいるうちの犬に思わず訊きました。
「見た?」
その時の反応がどうだったか覚えていないのですが、私は何故か、その後何事もなかったかのように散歩を続けました。
翌日、同じクラスの女の子が同じ時間帯に、同じようなものを見たと言いました。
私もそうだと話し、彼女がこんな感じ…と書いてくれた絵は私が見たものととてもよく似ていました。
そして、今もアレが絶対に何か不思議なものだったに違いないと思う理由はうちの犬です。
普段もそうでしたが、彼女(メスでした)は散歩となると子供の私の言うことなどちっとも聞いてくれず、私が転びそうになってもお構いなしで駆けていました。
でも
あの時、彼女は私の横でジッと座っていたのです。
私はただ立ち止まっただけで、「おすわり」とさえ、言っていないのです。
だから、きっと、彼女もただならぬものを感じていたのだと思っています。

この映画のようなことが、もしも自分の身に起こるとしたら、とりあえず、せめて痛くないようにしてもらいたい!と、思ったのでした。

しかし、これをクリスマス~正月に持って来る配給会社の英断がちょっと心配;;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
超~観たくない(爆)!!
chuchu 2009/12/18(Fri)00:44:00 編集
えぇ~
マジでもう1回観ようかと思ってるのに……
メチャ面白かったから、じゃなくて、分割画面だとどれか一個しか観れないからだけど(-_-;)
ゆえに、「24」は、一話で挫折しました;;
【2009/12/22 17:59】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]