忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [582] [581] [580]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。
2Dで。
オイオイ!って……
だって、自前の眼鏡かけるのも嫌なのに;;
ブラディ・バレンタインの試写では眼鏡くれたけど、今は使いまわしみたいだし、それも更にちょっと嫌&3Dって、酔いません?
何か、体質に合わんのでしょうか……

カール・フレドリクセンは、最愛の妻に先立たれ、彼女との思い出が詰まった小さな家で一人暮らしている。
周りに住んでいた人達は皆いなくなり、カールじいさんの家だけがぽつんと残ってる。
何か大きなものが建つらしい。
ある時、二人の思い出の郵便受けが工事の車に壊されてしまい、じいさんはつい杖で相手を殴ってしまった。
裁判所の措置で老人ホームに行くことになったじいさんだったが、幼馴染でもあった妻、エリーとの約束を思い出す。
いつか、南アメリカのパラダイス・フォールへ行こう!
そのために、貯めたお金も日々の暮らしや思わぬ出費で貯まらずじまいだった……
カールじいさんは、ついに人生最初にして最後の旅立ちを決意する。
エリーとの思い出を詰め込んだ家に無数の風船をつけ、カールじいさんは家ごと空高く舞い上がった!

ピクサー初、人間が主人公。
らしいですけど、そうでしたっけ?
インクレディブルマンは人間とは違うのか……あれは、ピクサーじゃなかったでしたっけ?
普通の人ってことですかね?

出色なのは、やはりカールと妻エリーとの半生(人生)を綴った台詞を用いないシーン。
もう、ここだけで泣けちゃう(@_@。
というか、ここ以外は泣く所はあまりない。
カールじいさんと、有り得ない偶然で一緒に旅することになった子どもラッセル。
脳天気に見えるこの子も、何やら訳あり。
色とりどりのたくさんの風船とともに舞い上がる夢のような家と、妙にリアルに複雑な背景の人間達。
旅の途中で起こる様々な出来事、沸き起こる様々な感情。
一緒に危機を乗り越えると絆はぐんと強まるんだね。
そして、冒険をあきらめさせてしまったとばかり思っていた妻の『冒険ノート』に綴られていた彼女の冒険の日々。
『つまらないことだけど、つまらないことのほうがよく思い出すんだ』
ラッセルが言う。
つまらないことの積み重ねが、きっと生きていくってことなのかな、大体の人間には。

残念だったな~と思ったのは、悪役、になってしまったかつてカールとエリーが憧れた冒険家チャールズ・マンツ。
彼もいわれない中傷を受けて傷つき、執念に凝り固まって偏屈になってしまっただけの老人なんである。
憧れの人だったのに…と、がっかりするばっかじゃなくて何とかしてやれよ!
と、思ってしまった。
決着の着け方も、ディズニーにだけはやって欲しくなかった後味の悪さである。
まぁ、悪い魔女だと思えば仕方ないのかもしれないけどね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]