忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[837] [836] [835] [834] [833] [832] [831] [830] [829] [828] [827]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルネと夫のジョシュ夫婦は、3人の子供たちと共に新居に引っ越す。
ところが、引越し後間もない頃から、不審な物音が聞こえたり、物が勝手に動いたり。
さらに、赤ちゃん用のモニターから不気味な声が……。
そんな時、長男のダルトンが、屋根裏で梯子から落ちる。
打ち身以外に大した外傷はないようだったが、翌朝目覚めず、昏睡状態に陥ってしまう。
だんだんと強く感じられるようになる“何か”の存在。
一家はこの家から引っ越す。
原因不明の昏睡状態のダルトンに回復の兆候は見られない。
引っ越した先でも感じられる“何か”の気配。
ルネは夫ジョシュの母に相談すると霊媒師を紹介される。
前の家で感じた“何か”は、彼らと一緒にこの家にやって来ていたのだ。
その狙いとはいったい……!?

久々、でもない?リー・ワネル×ジェームズ・ワン。
チラシとか見てると、長男がもっと大活躍(取り憑かれてとんでもないことしたりとか)するかと思いきや、寝たきりでした。
前半は、部分だけとか、一瞬だけとか、気配だけとか
主人公は気がつかなくても、自分は目の端にその像を捕らえていたりする場面があって、得体のしれない怖いもの、を感じます。
いわゆるJホラーの感じでしょうか?
日本人にはこちらの方が怖いんじゃないですかね?
後半、霊媒師とディスカバリーチャンネルだったかな~心霊現象を科学的に探る番組あるじゃないですか?
あぁいう感じで、様々な機器を持ち込むちょっと胡散臭い凸凹コンビ。
ちなみにこの凹がリー・ワネルです。
幅が広くなったよね?
この人達が来てから、家にいる何かの像がどんどんハッキリしてくると、今度は怖いよりもちょっとビックリが勝つというか……
前半も色んなことにびくぅっ!とさせられるんだけど、後半は出てくる人らにインパクトあり過ぎてビックリさせられるというか。
前半Jホラー、後半お馴染みアメリカンホラーという感じかな。
私自身はハッキリクッキリ見えちゃうとちょっと怖さが減るというか……後を引かないですよね。

霊媒師によって、長男ダルトンの昏睡は実は幽体離脱であることが告げられます。
彼は、体を抜け出したまま帰れなくなってしまい、その抜け殻となった体を色んなものが狙っているというのです。
そして、何故ジョシュの母と霊媒師が知り合いだったのか、過去に何があったのか、明らかになっていきます。

終盤、ホラーなのにヒューマンタッチというか、「父さんはお前のために頑張るよ!」という、今思えば「ソウ」で見たな~このパターンな展開に。
お父さんの頑張りは、すべてを解決するのか!?
ラストは、ホッとする半面、これで終わり?
まさか……

大丈夫だった(V)o¥o(V)

やっぱりこうでないと。
と、怖がりのくせに思うのだった(^_^;)

今回の映画では、そうか…やっぱり、入りたいのか……と、身につまされるところもありました。
樹海にいるのは、やっぱ強力なんですかね?
他では、中には来ないもんね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]