忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[742] [741] [740] [739] [738] [737] [736] [735] [734] [733] [732]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界最大のSNS“フェイスブック”誕生の裏側を描いた映画。

始まりは2003年。
ハーバード大学2年生のマークは、ガールフレンドのエリカに振られ、やけ酒を飲みながらブログに彼女の悪口を書いていた。
その時、ふとあるアイディアを思いつく。
大学中の女の子のルックス格付けサイトだ。
ハーバードには全学生を網羅した名鑑(フェイスブック)がないため、それぞれの寮の名簿をハッキングし、サイトを作った。
このサイト“フェイスマッシュ”は短時間にアクセスが集中し、やがてハーバードのネットワークシステムがダウンしてしまうほどになる。
こうして、マークの名前は大学中に知れ渡った。
翌年、女子の憧れ(らしい)ボート部のトップ、双子のウィンクルボス兄弟は、マークに“ハーバードコネクション” 立ち上げのための協力を要請する。
しかし、マークは彼らをだんだんと避け始め、“ザ・フェイスブック”を立ち上げた。
自分達のアイディアを盗まれた彼らは、自分の父親の会社の弁護士を介し停止警告を送る……。
一方、“ザ・フェイスブック”の共同創業者でCFOのエドゥアルドとマークはNYへスポンサー探しに出かけ、19歳で“ナップスター”を作ったショーンに出会う。
ショーンは“ザ・フェイスブック”はもっと巨大化すると言い、そのためにもカリフォルニアに来るように持ちかける。
マークはショーンに心酔し、彼に言われたとおりに行動する。
勝手に会合をセッティングされるなど、自分を無視したやり方に怒ったエドゥアルドは会社の口座を凍結する。
やがてウィンクルボス兄弟はアイデア盗用で……
エドゥアルドは創業者としての権利を主張し、マークを告訴した……。

面白かった、けど。
どうなのかな~
観終わった後、自分の中に何度も思い起こすようなひっかかりがあっただろうか……?
『裏話』って、興味深いよね。
たとえば、この映画の驚異的な早口は、3時間分くらいはあった台本を配給側だか何だかの意向に沿うよう縮めるために考え出されたものだったらしい。
とか。
それと、大きくは変わらないんじゃないかな~と。
ちなみに、この裏話は、どっかで読んだんだけど、まぁそういうことがないと、いきなりあの早口には発想が行かないよね。
マークは、自分とはスゴクかけ離れてるんだけど、ちょっと分かると思うところもあって……
話してる内容が飛びまくるとか
一生懸命書いているメモは実は落書きだとか
入ってくる情報、例えば振りだした雨とか、ふと思い出した出来事とかを遮断出来ないとか
マークの場合は、頭の回転が早すぎて余ってるところがたくさんあるからのことだろうけど、私ゃただ注意力欠陥障害とでも言うべきものなのですが……。
あいにく、天才とは程遠くて、幸いもうちょっと常識があるってところも違うけど。
普通の人とは違うが故に、フェイスブックを立ち上げたかった理由とか、ゆくゆくどうしたいかとかが周りには理解されづらかったのだと思う。
実際のところはどうか知らないけど、マークもエドゥアルドも訴えられた側と訴えた側という敵同士になりながらも彼らなりに相手を気にかけている。
それが、お互いに正しく伝わっているかどうかは難しいところだけど。
マークには著しく欠けているものがあるのだけど、エドゥアルドならそれを分かってくれていたと思うんだよね。
だから、まず話しておけばこんなことにはならなかったんだと思うんだけど、それを出来ないというか、必要ないと思うところが、何だろうね……やっぱ、欠けてる?
エドゥアルドもショーンもマークの保護者のよう。
庇護しようとしているのか、利用しようとしているのか、ちょっと分からないところもあるけど、独り歩きさせるのは危ないと思っている。
多分、ちょっとしたすれ違いがとんでもないことになった、のだろう。
でも、それを修正出来ないんだろう。
ほんのちょっとしたことで、何もかもがガラリと変わるかもしれないのに。

面白かったし、ひょっとしたらDVDとか買っちゃうかもしれないけど、『ぼくのバラ色の人生』みたいに、座右のDVD(って何だよ;;)的なものにはならないだろう。

アカデミーは……獲らないんじゃないの?
あの人たち、ゴールデン・グローブとかぶるの嫌いでしょ?

フェイスブック…登録しないと見られないとこがあってさ~
仕方なく登録したんだけど、写真とか貼りつけんの嫌で、すごくプレーンな状態で放置してあったんだけど、リアルのお友達に見つかってしまいました;;
自分から自分(姿とか世間でどう生きてるかとか)を曝すってことに、どうも慣れないので、どうするか思案中。
それは、さておき、この2~3日ネットが出来なくって、いかに依存してるか分かった。
だって、メールも出来ないし、あまり知らない場所に出かける時に地図を見たりも出来ないでしょ?
使いだして、そんなに長い時間が経っているわけでもないのに、その前はどうやってたのか分からないもんね。

私が、この映画を見た動機:アンドリュー・ガーフィールド君(何かぽやっとした唇が好き(笑))は、蜘蛛男になっちゃうんだね~
何だかな~(~_~;)
ヒロインは、美人にしてね。
もしくは、ナシも可。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]