忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[796] [795] [794] [793] [792] [791] [790] [789] [788] [787] [786]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するニナ。
彼女は、母・エリカの全面的なバックアップのもと、全てをバレエに捧げていた。
ある日、彼女に新演出の「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが訪れる。
芸術監督からも“白鳥”に関しては完璧だと太鼓判を押されるが、“黒鳥”を踊るには足りない要素があると言われてしまう。
邪悪で官能的な黒鳥は優等生タイプのニナとは正反対だったのだ。
さらに黒鳥役が似合う奔放なダンサー、リリーが現れ、ニナは子どもの頃の自傷癖が再発したりと、精神的に追い詰められていく。
やがて役作りに没頭するあまりか、ニナの精神は、現実と悪夢の狭間をさまよい始める。

う~ん。
ナタポは頑張ったね。
題材自体はそんなに目新しいものじゃないんじゃないかと思うんですけど……
描き方は斬新。
サイコスリラーというか、ホラーというか……
よくもまあ、ここまで気持ち悪くしたもんだ(~_~;)
何が現実でそうでないのか、観客をもニナと共に惑わせる手腕もお見事。
痛くて(私はケガとか見ただけで血の味がしたり感覚を思い出しちゃうから)、気持ち悪くなっちゃう映画なので、体調不良の折は気をつけて。
面白かった、と思うんだけど……。
世間一般の評価はきっとそうじゃないと思うんだけど、直前に見たYSLの方が私的には強烈だったので。
そんなには、ん~、スゴいと思わなかった。
視覚化された狂気より、静かに語られる狂気の方が胸に迫るものがあったのかもね。
ただ、映画の可能性の使い方としてはスゴいと思う。
映画の中の世界に呑まれちゃうような感覚が…トイレか何かに行く人達がやたらと横を通らなければ味わえたんではないかと……
バレエでも日舞でも、綺麗なポーズをとろうとすると本当にしんどいって聞いたことがある。
美しさと苦しさは表裏一体なのだ。
この映画もYSL共々に美の創造者の輝かしい成功とその裏の苦悩、その代償としての喝采という一瞬の幸福を描いているのではないだろうか?
なんてね;;
でも、心から完璧だと思える瞬間が一生に一度あれば相当に幸せかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。
[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタリーの演技に、吾輩終始スクリーンに釘付けでした。  ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、長年憧れてきた名プリマのベス(ウィノナ・ライダー)が引退することを知りショックを受ける。しかし、演出家のルロワ(ヴァンサン...
URL 2011/05/25(Wed)23:22:50
忍者ブログ [PR]