忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[677] [676] [675] [674] [673] [672] [671] [670] [669] [668] [667]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父親を亡くし、母親とふたり暮らしの少年ドレ。
母親の転勤でアメリカから北京に引っ越すことに。
言葉も文化も違う新しい環境になじめず、ある少女に話しかけたのをきっかけに地元のカンフー少年チェンたちにいじめられるようになる。
ある日、ドレはチェンたちに仕返しを試みるが、捕まえられて袋叩きにされてしまう。
そんなドレを助けてくれたのは、ドレの住むマンションの管理人ハンだった。
実は彼はカンフーの達人だったのだ!
抗議のため、チェンが所属するカンフー道場に赴いたドレとハン。
道場主とハンには因縁があるようだ。
数ヶ月後に開催される大会で戦うことを条件に、道場主はそれまではドレに手を出させないと約束する。
ドレはハンからカンフーの手ほどきを受けることになったが、それは何とも奇妙な訓練だった……。

世界中で大ヒットした『ベスト・キッド』のリメイク。
ウィル・スミスのプロデュース。
カンフーを学び心身共に成長していく12歳の少年ドレは、ウィル・スミスの息子ジェイデン・スミス。
師匠ハン役に、ジャッキー・チェン。
中国に舞台を移し、紫禁城、万里の長城なども登場、旅行気分も味わえます。

気がついたんだけど、オリジナルの方って一度もちゃんと見たことないんだよね~
TVで何度も放送してたと思うんだけど、何かちょっとだけ見ては止めてた気がする……
何で止めてたのかは分からないんだけど。

空手はカンフーに、舞台は発展著しい北京にと変わっています。
オリジナルでの名場面のパロディーも、あるらしい。
ほら、だって、見てないから。
ハエの所は、そうだよね~

弱虫だった少年が良き師匠と出会って、心身ともに成長していく物語という根幹は同じですね。(なんでしょ?)
ちょっと前ふりが長い気がします。
いらないんじゃないかな~という、エピソードも。
香港じゃなくて北京なのに英語がペラペラな子供がいっぱいとか(^_^;)
ま、子供の教育にはお金かけてるらしいから、いるかもね。
何でジャッキーが英語喋れるのかとかも、説明ないし。
ま、それはいいとして
クライマックスのカンフー大会(だよね?)は、なかなかの迫力なんですが…
あの道場では、プロレス技を教えているのだろうか……
絶対にハリケーン・ラナだったよ、アレ。リタが得意だったヤツね。
他にも関節技っぽいのがあったり……
実はあそこはハート道場とか!?
色々、どうなの!?と思うことはありますが、気分よく帰路につける映画です。
少年の成長と、また彼を育てることによって大事な物を取り戻すおじさんの物語。

でもさ、原題が『The Karate Kid』って、ダメじゃない?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]