忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706] [705] [704] [703]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イギリスの田舎町に住むウィルは教会の厳格な戒律を守る家庭に生まれ育った少年。
テレビやラジオ、新聞・雑誌、そして歌(多分、讃美歌とか以外)も映画も禁止されている。
例えば、理科の授業の教材のビデオといえども見ることは出来ない。
そんな訳で、みんながビデオ鑑賞中は教室の外で待つことになったウィルは、ある日、学校で一番の問題児リー・カーターと出会う。
そして、彼の家で生まれて初めての映画を見てしまう!
『ランボー』だ。
彼の人生始まって以来の衝撃!
ウィルはすっかりランボーの虜になってしまう。
一方、リー・カーターはウィルの落書きから、彼の才能を見出し、自分が出品しようとしているビデオ・コンテストの作品作りに彼を誘う。
リー・カーターが兄の所からこっそり持ち出したビデオカメラで二人は映画作りを始めるのだが……

実は、『ランボー』ってちゃんと見たことないんですよ;;
何かね、スタローンも、あの手の映画もちょっと苦手で……(^_^;)
でも、あの年頃の男の子が、しかも初めて見る映画というか、映像がアレだったら、衝撃的だし、ハマるでしょうね~
ウィルもリー・カーターも父親がいなくて、母親もちょっと遠い存在に思える境遇。
ウィルが見た夢を元に書いた『ランボウの息子』を二人で撮り始め、正反対の二人は“血の絆”を結ぶほどの友達になる。
でも、やっぱり物事トントン拍子にはいかないんだな、ドラマも現実も。
リー・カーターは撮影中の事故が元で停学になり、その間にウィルの周囲には劇的な変化が!
フランスからの交換留学生ディディエが彼が映画を撮っていることを知って、自分も参加したいと言い出す。
カリスマ性溢れる彼には取り巻きがたくさんいて、映画づくりの現場も人が溢れるようになる。
学校に戻ってきたリー・カーターはこの変化に呆然。
“秘密の映画作り”は、彼のコントロールできない物になってしまっていた。
元々は自分が始めた筈なのに、どこにも自分の居場所がない。
ウィルも他の子たちも、もちろん悪気も何にもない。
だけど、リー・カーターが“除け者”になったと感じるのも、もっともなこと。
悪気がなくったって、人を傷つけたり悲しませちゃうことってあるんだよね。
そんなこともウィルには初めての経験だった筈。
そして、本当の“友達”って、どういうものなのか、も初めて分かった筈。
それと、家族の愛も。
ラストはスッゴク心温まるんだけど、伏線がなかった気がするな~
なので、ちょっと取ってつけたようになっちゃったのが、惜しいな~と思う。
ムッシュ・ディディエもなかなか役割が分からなくって、この人何かしら?って感じだったけど、これはまぁ、仕方ないか。
ちょこちょこと欠点はあるけど、個人的には「好き」と言っちゃう映画。
それと、男の子ってやっぱりいいなぁ、と思ってしまう。
リー・カーターの大好きなお兄ちゃんにはゴシップ・ガールズのエド・ウェストウィック。
って、あのドラマ見たことないんだけど(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]