忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[716] [715] [714] [713] [712] [711] [710] [709] [708] [707] [706]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブエノスアイレスのアパートで、猫のティノと二人(?)暮らしのルイーサ。
毎朝決まった時間に起きて、決まった服に着替え、決まった時間に出勤する。
そんなある朝、いつも彼女を起こしに来るティノが来なかったため、寝過ごしてしまう。
ティノは、その朝死んでしまっていたのだった。
途方に暮れながらも、何とか仕事場に着くと、社長から解雇を言い渡されてしまう。
定年まで後1年なのに……
未払い分の給料も退職金も後から…と言いくるめられたルイーサ。
気を取り直して、もう一つの仕事場へ向かう。
往年の大スター、クリスタルの家の留守番だ。
しかし、引退して別荘に引っ越すという彼女から、またもクビを宣言される。
ティノの埋葬をペット葬儀社に相談すると、費用は300ペソ。
通知が届いて駆けつけた銀行の口座にはたったの20ペソしかない。
ティノの埋葬どころか、日々の暮らしも覚束ないルイーサ。
バスの故障で初めて乗った地下鉄で観た光景をヒントに、彼女は行動を開始するのだが……

お金も、頼る身寄りもなく、ある日突然放り出されたら?
私も、いわゆる“おひとりさま”ですから、身につまされますね~;;
言葉でハッキリと説明はされませんが、度々彼女の夢に現れてくる旦那さんと子供は、彼女を残して死んでしまったよう。
その悪夢に、今もうなされ続けているルイーサ。
こんな悲しい過去が、彼女を人付き合いから遠ざけてしまったのかもしれない。
ご近所の噂好きのばあちゃんはともかく、人のいい管理人ホセすらも、彼女の規則正しい生活を乱す闖入者なのだ。
しかし、手許にあるお金はわずか。
それに、何といっても可愛いティノを葬ってやらなくては!
ルイーサは火葬の費用が貯まるまで…と、ティノをある方法で保存。
そして、地下鉄で見た物乞い達を真似て“商売”を始めるが……
そう上手くはいかない。
最初は、車内で人々にカードを売ろうとするが、声を出して、話しかけることすらままならない。
それでも、何とかやってのけても、カードはちっとも売れず、元手を損しただけ。
今度は、地下鉄の駅で見た片足のない物乞いを真似ようと松葉杖を手に入れ、彼の場所を横取りする。
最初は、もめた二人だが、その物乞い、オラシオは彼女のただならぬ様子を悟り、二人で“商売”をするようになる。
だんだんと心を開き、オラシオに打ち解けていくルイーサの様子に、実は、あの朝クビになったりしなくても、彼女はずっと不幸だったのではないかと思わされる。
たった一人、自分の思いどおりの暮らし。
でも、彼女の苦しさを理解してくれる人はどこにもいない。
どこにもいないと思っていたから、敢えて心を開こうとしてこなかったのかもしれない。
それでも、心を開けば、そんな人は意外に身近にいるのだと気づく。
今までずっと涙を見せなかったルイーサが、ティノの“火葬”で、大泣きする姿が印象的。
それまで、張り詰めていた心がほどけた瞬間だったのかな、と思う。
ティノを墓地に埋葬しながらルイーサが言う。
「あちらはあちら、こちらはこちら」
死者をいくら想っても、そこには大きな壁があるし、生きてる間は生きてかなきゃいけないってことなのかな?

あ、この映画、音楽もとってもいい。
担当はアルゼンチンでは数々のCMソングで有名なSupercharango。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]