忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[856] [855] [854] [853] [852] [851] [850] [849] [848] [847] [846]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

作家志望のエディは出版契約を交わしたにもかかわらず、小説はまるで書けていない。
まるでホームレスのような姿で酒に溺れ、日々を無為に過ごし、恋人のリンディからも別れ話を切り出させれる。
そんな時、街で元妻のメリッサの弟ヴァーノンにばったり出会う。
今一番関わるべきでない男、なのだが、断れずに一杯飲む羽目に。
ドラッグのディーラーだったヴァーノンは、今は薬品会社のコンサルタントだと言う。
そして、エディの現状を知ると、一粒の薬を差し出す。
当然ドラッグだと思ったエディは断るが薬品局の認可も受けているちゃんとしたものだと言う。
半ば自棄になったエディは、その薬を飲むと周り物は何もかもがハッキリとし、過去の全ての記憶にアクセス出来るようになる。
そして、言葉が降るように出現し、一晩で傑作小説を書き上げる。
が、翌朝目覚めるとすっかり元通り。
抑えきれずにヴァーノンを訪ねると、顔に殴られた跡があり、外出出来ないと言う彼に代わってエディが用事を済ませに行く。
エディが戻ると、部屋は荒らされ、ヴァーノンは殺されていた。
通報した後、新薬が狙われていると気付いたエディ、何とか探し出して、薬を持ち出した。
大量の薬を手に入れたエディ。
もう一本小説を書き上げるが、そんなのはまどろっこしいと証券取引を始める。
少ない元手では埒が明かないと、ヤバい筋から金を借り、10日間で何百倍にもする。
大物投資家に目をかけられ、リンディとの関係も修復。
何もかもが素晴らしい日々。
だが、突然、エディの身体に異変が起こる。
記憶が飛び始め、薬が切れると体調が悪くなる。
ヴァーノンの顧客リストと思われる番号に電話すると、3人は死亡、あとは病気を患っていた。
新薬には恐ろしい秘密があったのだ。
エディはどうなってしまうのか?

大阪での上映は、もう終わっちゃうんだね~
まだ2週目とかじゃない?
レディースデーに見た訳ですが、OLさんの会社帰りの鑑賞にうってつけな時間帯だったにもかかわらず、ずい分空いていました。
日本ではあんまり人気じゃないのかしらブラッドリー・クーパー?
まぁ、かく言う私もあんまり……

人間は脳の能力の2割程度しか使っていないという通説はよく聞きますね。
で、これを100パーセント使えるようになったらどうなるのか?
それを実現する薬が出来たら?というお話。
ヨレヨレでお腹も出てる感じから、バブリーなヤッピー、そして、やっぱり政治家ってそういう髪型なの?と、様々なブラッドリーが見れますので、ファンの方には嬉しいかも。
薬を飲んで、効き始めた瞬間の映像がスゴイですね。
色はググーッと鮮やか、遥か向こうまで見渡せる感じだし、微細なものまでクッキリ見えて、しかもそれが自分の記憶と即座に結びつく。
何でも分かるし、何でも出来ちゃう感じ。
スッゴイよ、オレ!!!
いや、でも、こんなのヤバいよな~と、普通は思うと思うんだけど、その辺りは頭が足りてないのか、あまり考えた節がないエディ。
ヴァーノンに認可が出てるなんて嘘っぱちだって聞いたのに、です。
しかも、何年も小説家志望だったのに、大傑作連発も夢じゃないって事態になったのに、“手っ取り早く”と、株で儲けることを考える。
いやいや、何年も売れないけど小説家になるために頑張ってたんでしょ?
何なんだ“手っ取り早く”って?
そして、ためらいもなくヤバそうな薬をドンドン飲んじゃう。
ま、飲んだらスッゴイことが出来ちゃうんだから、飲みたい気持ちはもちろん分かるけど、ためらわなさ過ぎじゃない?
フツーは、しばらく葛藤するけど、やっぱり手を出しちゃって……みたいな感じでしょ?
そういう意味では、フツーじゃない人だったのだな。

ストーリー自体は、そう目新しいものじゃないし、ラストもちょっと納得いかないんだけど……
映像表現はスゴイし、お話自体もなかなか楽しめます。

ただ、訊きたくなるけどね~
「エディ、君の人生の目的は何だ?」
ま、こんなこと訊かれたら、自分だって答えられないと思うものの、この人の場合、あまりに節操がない感じがする。
金と権力か?
う゛~む、俗物め。

ところで
人間は脳の2割くらいしか使っていないというのは、よく聞きますが、これは嘘っぱちで、8割がた使っていて、結構目一杯だ、という説も聞いたことがある。
詳しいことは分からないんだけど、恐らくいっぺんに働かせられるのが2割くらいで、後は後で、それなりに役割があると思うんだよね~。
記憶の収納とか。
その場合も残っている1割とか2割とか使えれば、それだけでも飛躍的に能力が伸びるかもしれないけど……
PCのHDDも2~3割は空けとかないと、って聞くし、やっぱり“遊び”(余白的な意味の)がないといけないんだろうね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]