忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[633] [632] [631] [630] [629] [628] [627] [626] [625] [624] [623]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メリル・モーガンは、マンハッタンでセレブ向けの高級物件ばかりを扱う不動産会社のトップセールス・ウーマンにしてやり手の社長。
ポール・モーガンは、全米でも10本の指に入る敏腕弁護士。
雑誌の表紙を飾ることもたびたびという二人は、人もうらやむ超セレブカップルだった。
夫の浮気が発覚するまでは……

すっかり冷めきってしまった妻、メリルの気もちを、何とか取り戻そうとポールはプレゼント攻撃を開始する。
その夜も、忙しい二人のスケジュールを何とか調整し、夜景の美しいレストランで食事をしながら、関係の修復に懸命に努めるポール。
しかし、話は平行線。
このまま修復不可能かと思われた二人を思わぬ事態が二人を襲う。
歩いて客を案内する予定の物件へ向かうというメリルを追いかけるポール。
急に降りだした雨の中、メリルは建物のベランダに顧客を見つける。
声を掛けた次の瞬間、彼は落下……その背中にはナイフが!!
そう、殺人事件に遭遇してしまったのだ!
犯人に顔を見られた二人。
メリルは丁度その時発売されていた雑誌の表紙になっていたことで殺し屋に身元を知られてしまう。
身の安全を確保するため、証人保護プログラムにより送られた場所は……ワイオミング!!
都会暮らしに慣れ親しんだ二人が、人間よりも牛や馬のほうが多いド田舎で二人きり。
この夫婦、いったいどうなるの!?

こんな映画見るなんて意外でしょ?
自分でもそう思います;;
まぁ、色々事情がございまして…
予告見た時、結構面白そうだと思ったんですよね~

都会人が田舎暮らしのギャップに驚く様を笑いつつ、離婚の危機!?を迎えた夫婦のドタバタ喜劇を見守るという。
コメディーの定番二つをくっつけたような感じですけど、証人保護プログラムとか、今までにラブコメではあまり入ってこなかった要素も盛り込んだ所がちょっと目新しいですね。
ヒュー・グラントは憎めないダメ男ぶり全開で、これまた彼の十八番。
ポールの絶えることない皮肉めいたジョークや、カルチャー・ギャップに翻弄される二人で笑わせつつも、都会では見られない降るような星空の下で、結婚の誓いを思い出す二人にちょっとキュンとしたり(するんでしょ?みんな)。
素直な気持ちになれたことで、自分の秘密を打ち明ける決意をしたメリル。
これがまた爆弾発言で、元の鞘に納まりかけたかと思っては、また気を揉まされる。
「期待する気持ちにブレーキをかけたくない」というメリルの言葉は印象的。
結婚なんて妥協なしではキツイと思うのですが……;;
でも、ハナっから妥協するのは、やっぱり違うか。

せっかく殺し屋まで登場させたんだから、もう少しサスペンス要素を多めに盛り込んでもよかったかなと思うけど、最後は裏切らないハッピーエンドで、楽しく見られる。

オープニングの留守電のアイディアは、個人的にはウケた(^・^)

しかし、ヒュー・グラントもサラ・ジェシカ・パーカーも『中年(ま、世間的には)夫婦の危機』を演じるお年頃になったのね。
そろそろ、ラブコメ路線はキツイかも(^_^;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]