忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714] [713] [712]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30年間、音信不通だった父の死の知らせを受け、ユ・ヘグクは、父が暮らしていた山奥の村を訪れた。
葬儀は無事に済んだが、父の死因は明らかにされない。
村人達の言動はヘグクを早く村から去らせようとしているとしか思われない。
しかし、父の死の不審さ、また貯金などの名義がすべて書き換えられていることに疑問を抱いたヘグクは村に留まることを告げる。
動揺し、何とかソウルへ帰そうとする村人達だが、村長の滞在を許すとの一言で態度が変わる。
そんな村の様子に違和感を抱いたヘグクは父の死因を探り始める。
やがて村の秘密が次第に明らかになっていく。
ここで父は何をしていたのか?
村長の正体は?
そこには、30年前に起こった祈祷院での集団殺人事件が大きく関わっていた。

果たして父の死の真相は?
30年前の事件との関係は…?

予告編が面白そうだったので、見てきました。
元は、韓国で空前のヒットとなったウェブ・コミック「苔」。
この原作に惚れ込んだ『シルミド/SILMIDO』の監督カン・ウソクが映画化したもので、韓国で大ヒットしたそうです。

映画は過去と現在を行き来しながら事件の真相を明らかにしていく。
ここで、何年前とか字幕がないので、ちょっと戸惑うかもしれないけど、急に髪の毛フサフサになってたりするので、過去か現在か分かる筈。
ヘグクの父親は、ある村に突然現れ、それこそキリストのように人々を虜にしていく。
おかげでその地にあった教会は信者が離れ、お布施も減る。
そこで、地元の刑事に頼みヘグクの父親を逮捕させる。
刑事は囚人達に彼を暴行させるが、その囚人達も、そしていつしかその刑事チョン・ヨンドクも彼に魅せられていく。
そして、普通では更生出来ない者達を連れ、新しい村を作り暮らすようになる。
で、
30年経ったという訳。
しかし、村長に納まった元刑事には別の思惑があった。
ヘグクの父親、ユ氏は高潔過ぎる故か、人々のどす黒い要望というものに鈍感な気がする。
なかなか、聖人君子のように生きたくても生きられないのが人間てものだろう。
いや、知りながら気づかぬふりをしていたのかもしれない。
彼にとっては、認められないものだったろうから。
村人によると『さびしい最期』だったのも頷ける。
さて、村の秘密を少しずつ知っていくヘグク。
と、同時にジワジワと追い詰められても行く。
追い詰めながらも追い詰められている。
ここで、冒頭に出てきたどうやら彼が左遷させたらしい(ハッキリ出てこないがヘグクは記者か何かなんだろうか?)検事が彼に手を貸し、村の濁った澱の正体が具体的になっていく。
ただ、ジワジワやり過ぎて時間を取り過ぎたと思ったのか、終盤妙にスピードアップなのだが、この辺が何かちょっと何だろう?
簡単にいき過ぎ?
畳みかけるようといえばまぁ、言えるんだけど…
ストーリーが進むにつれて、だんだん気になってくることがある。
その人の立場がよく分からない。
村長側かと思えば、ヘグクを助けたり……
しかし、ラストシーン、その人の表情のアップを見た瞬間「あっ」となる。
そもそもの発端も、この一連のことも、実はこの人のせいなのでは……?
と。
ヘグクと一緒にその、一見物静かで優しげな佇まいの、その人の瞳の奥にあるものを見れば、きっとゾッとする筈。
ホント、げに恐ろしきは人の心なり。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]